WABOSIは

ブルー・オーシャン戦略に代表される

新市場創造の

理論的・実証的研究

行うために設立された

学術研究拠点です

 

  豊富な事例研究と定量的研究で

知の蓄積と共有の基盤を整備し

 学術的な貢献を世界に発信し

 産業界の発展に寄与します

 

【名称】

  早稲田ブルー・オーシャン戦略研究所

  Waseda Blue Ocean Strategy Institute

(WABOSI)

 

【設立】

  2016年4月1日  

Established on April 1, 2016

 

【所長】

  早稲田大学大学院 経営管理研究科

教授 川上 智子

  KAWAKAMI, Tomoko, Professor,

Waseda Business School 



早稲田ブルー・オーシャン戦略研究所 (WABOSI) は早稲田大学総合研究機構のプロジェクト研究所です。当研究所は、早稲田大学学則第87条,早稲田大学プロジェクト研究所規程,早稲田大学プロジェクト規程および早稲田ブルー・オーシャン戦略研究所内規の定めるところにより運営されています。

<新着情報>

キム=モボルニュの新刊

Blue Ocean Shift 近日発売です。

 

 

WABOSI研究所長プロフィール

早稲田大学大学院経営管理研究科 教授

川上智子(かわかみ ともこ)

大阪大学文学部卒業(1984-1988)

ミノルタカメラ株式会社(現コニカミノルタ)高槻研究所勤務(1988-1994)

大阪大学大学院経済学研究科(MBA) (1997)

神戸大学大学院経営学研究科(Ph.D.)(2000)

関西大学商学部 専任講師・助教授・准教授・教授(2000-2014)

早稲田大学大学院 経営管理研究科(ビジネススクール)(2015-現在)

 

【兼職・学会・社会的活動】

ワシントン大学(アメリカ・シアトル) 客員研究員・フルブライト研究員 (2003-2014)

同大ビジネススクール・ヘルスケアスクール客員研究員,ビジネススクール連携教授

INSEAD ブルーオーシャン戦略研究所客員研究員(フランス)

南洋理工大学 Academic Fellow(シンガポール)

日本マーケティング学会理事

日本マーケティング協会アカデミックアドバイザー(論文指導担当)

Journal of Product Innovation Management 編集委員

Innovation and Product Development Management Conference委員

 

【研究】

国際ジャーナルに計11本掲載(2017年現在)

アジア・マーケティング研究者トップ100に選出(2017年4月)

ICTツールと新製品開発,クチコミと普及,電子書籍の普及,医療とマーケティング,日本のブルーオーシャン戦略, ウェアラブル端末の普及,高齢者市場とイノベーション,マーケティングと定常経済,クラシック音楽の新市場創造,図書館のマーケティング,顧客との共創におけるユーザーの選択,日本のシリアル・イノベーター他

 

Selected Publications

Mark E. Parry and Tomoko Kawakami (2017),  “The Encroachment Speed of Potentially Disruptive Innovations with Indirect Network Externalities: The Case of E-Readers,” Journal of Product Innovation Management 32(2): 141-158.

 

Kawakami, Tomoko, Gloria Barczak, and Serdar S. Durmuşoğlu (2015),  “Information Technology Tools in New Product Development: The Impact of Complementary Resources," Journal of Product Innovation Management 32(4): 141-158: 622-635.

 

Tomoko Kawakami, and Mark E. Parry (2013),  “The Impact of Word-of-Mouth Sources on the Perceived Usefulness of an Innovation,” Journal of Product Innovation Management 30(6): 1112-1127.

 

Kawakami, Tomoko, Mark E. Parry and Kazuhiro Kishiya (2012),  “Personal Word-of-Mouth, Virtual Word-of-Mouth, and Innovation Use,”  Journal of Product Innovation Management 30(1): 17-30.

 

Kawakami, Tomoko, Douglas L. Maclachlan and Anne Stringfellow (2012), “New Venture Performance in China, Japan and US: The Impact of Formalized Market Information Processes,” Journal of Product Innovation Management 29(2): 275-287.

 

Kawakami, Tomoko, Serdar S. Durmusoglu and Gloria Barczak (2011), “Factors Influencing Information Technology Usage for New Product Development: The Case of Japanese Companies,” Journal of Product Innovation Management 28(6): 833-847.

 

【日本語の主著】※下記編著ほか,分担執筆多数。

川上智子(2005)『顧客志向の新製品開発:マーケティングと技術のインタフェイス』有斐閣(日本商業学会賞・日本経営学会賞受賞)。

木村憲洋・的場匡亮・川上智子(2013)『1からの病院経営』碩学舎。

川上智子・徳常泰之・長谷川伸(2015)『実践ビジネスプラン:事業創造の基礎力を鍛える』中央経済社。

川上智子・岩本明憲・鈴木智子(2017)『マーケティング』中央経済社ベーシック・プラスシリーズ(近刊予定)。 

アジア・マーケティング研究者トップ100に選出
アジア・マーケティング研究者トップ100に選出
国際会議でベストペーパー受賞
国際会議でベストペーパー受賞
日本語の編著書
日本語の編著書